Fender 12AX7

Fender プリ管12AX7の正体とは? 真空管業界特有のWネームの謎

  • 2020年3月2日
  • 2020年3月2日
  • プリ管
  • 497view

 ギターアンプメーカーの一つFenderを愛用されている方も多いと思います。

 手元にはこのFenderブランドのプリ管12AX7がありましたのでご紹介します。

Fender 12AX7

 赤いボックスにおなじみのFenderロゴがプリントされております。

 その横は、プリ管12AX7です。

 拡大してみましょう。

12AX7 Fender

 プリ管の管壁には、ゴールドのFenderロゴマークが見えます。

 ここまで見ると、一般の方は、Fender製のプリ管と思われるでしょうが、全然違います。

 ここで、プリ管を180度回転させてみると。

12AX7WC Sovtek

 シルバーで12AX7WC SOVTEK MADE IN RUSSIAのプリントが見えます。この真裏には、Fenderのロゴがプリントされております。

 実は、Fender製ではなく、よく聞くSovtek製なのでした。

 OEMでもなく、Sovtek製のプリ管に堂々とFenderのロゴマークがプリントされ、販売されております。

 他の製品であれば、FenderがSovtekに商標権侵害で訴えられるところですが、なぜか真空管に限ってはこの辺がユルイのです。

 Groove TubeもTADも同じ方式のWネームで堂々と販売されております。

 真空管メーカー(Sovtek等)がその辺寛大なのか、販売側(Fender、Groove Tube、TAD等)がユルイのかは定かではありませんが、真空管業界では普通の光景です。

 本家のSovtek 12AX7WCと並べて記念撮影でも。

12AX7WC Sovtek
Fender 12AX7
最新情報をチェックしよう!
>真空管のプロが本音で語るブログ

真空管のプロが本音で語るブログ

日本全国のギタリスト、ベーシスト、オーディオファイルの皆さんに本当に役立つ真空管情報を発信してゆきます。聞いてみたい質問もどしどし受け付けています。

CTR IMG